時期

一般的に、フロアコーティングの施工価格を計算するときには、平均的費用は平米単価を元に計算をしています。
平米単価は1平方メートルあたりのコーティング剤の塗布でいくらの費用が掛かるかを出した価格です。
例えば価格と性能のそれぞれがバランスよく、コストパフォーマンス性がある水性ウレタンコーティングは、平米単価で1500円ほどとなります。
このため6畳間で施工をする場合は単純な施工価格は1万5千円前後になります。
最もこれ以外にも必要な養生作業やワックスの乖離作業の必要性によっては価格が高くなる可能性もあります。
平米単価が高いガラスコーティングは、4500円前後の単価となりますが、長寿命で耐性も優れている上に、見栄えも良いという特徴があります。

せっかくプロの業者にフロアコーティングを頼むからには、やはり価格面で安く抑えつつ、良い仕上がりを期待するのは当然のことです。
フロアコーティングを施工価格を安く上げるために、実は工夫できる事もあります。
その1つが家財道具の設置状況です。
全く同じ広さで同じタイプのフローリングに施工をしてもらっても、設置されている家財道具の有無によって施工価格が変わってきます。
これは家財道具を業者に移動させたり、あるいは養生作業を取らせる、さらに家財道具が施工の支障となるため、2回に分けて施工をするといった余計な手間が生じるためです。
そのため新築直後や、入居直後にフロアコーティングの依頼をする工夫で、施工価格を安く上げることが可能となります。